フライヤー印刷をして自社の良さを訴えよう

インク

実際に自分の本を製本する

本

趣味を一つの形にする

本は、人の生活に大きく関わりを持っています。その本を、個人で制作することができます。それを製本機といいます。イメージとしては、とても大きく、場所を取ってしまうと考えてしまうかもしれません。しかし、この製本機は、卓上のサイズの機械もあり、個人で本を製本するのを手助けしてくれます。また、本の製本となると、販売されている活字がびっしりの本をイメージするかもしれませんが、内容は、個人の自由に選択できます。子供の成長の記録として、アルバムを製本してもかまいません。個人の趣味のサークルに向けた、本でも制作することができます。また、同時に手軽にできる製本キットなどの販売もされており、初心者であっても問題なくできます。

どんなことに利用できるか

物語を漫画や小説、短歌や川柳などで発表する場として、同人誌があります。これを販売する会場にて、イベントが開催されています。同人誌を制作するのにあたって、専門の印刷所を利用することになります。データ入稿ができるようになって、負担もかなり軽減されるようになりましたが、必要となる資金や部数の問題も出てきてしまいます。製本機によって、同人誌を制作するとなると、多くの部数は難しくなります。しかし、その部数の制限が、必要とする同人誌の部数と一致するともいえます。卓上サイズの製本機を利用することで、負担にならない部数の同人誌を制作でき、イベントに参加することができます。ちょっとした、会報誌にも、製本することで箔をつけることができます。